≫ トップ    学会について   ≫ 活動内容   ≫ 研究報告   ≫ 事務局 

日本港湾経済学会について

 日本港湾経済学会は、港湾及び空港等に関する総合的な学術・学際研究を行うことを目的に、1962年 (昭和37年) に設立された団体です。
 主な事業として、全国大会の開催をはじめ、国内外の文献等の調査や経営に関する調査、視察、講演会等の開催等、その活動は精力的かつ幅広い分野にわたり、日本の港湾等の発展に大きく寄与しています。

 日本港湾経済学会のページへ


中部部会について

 日本港湾経済学会会則第30条による研究部会として、中部地区の港湾に関する諸問題を中心とする調査研究を行い、港湾の合理的発展に寄与することを目的とします。

名 称 : 日本港湾経済学会中部部会
設 立 : 1971年 (昭和46年) 6月5日
会 長 : 林 上 (中部大学 教授)

法人及び団体会員 : 20団体
功労会員及び個人会員 :150人 (平成28年8月現在)  

主な事業
 ・理事会 : 例年6月下旬
 ・総会及び研究報告会 : 例年8月下旬
 ・中部地区港湾を対象とした社会経済的諸問題の調査研究
 ・会誌「港湾研究」編さん


 会則 (PDF 90KB)
 役員名簿 (PDF 77KB)

※PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。右のボタンをクリックしてAdobe社のウェブページからダウンロードして下さい。(無料)

日本港湾経済学会中部部会事務局
(名古屋港管理組合 企画調整室 企画担当内)
TEL:052-654-7968 FAX:052-654-7997 

トップページへ戻る